肩こり・腰痛を整体やマッサージで治そうとするのは、決定的に間違っている

僕はヨガに出会う15〜20年前、激しい腰痛で5年間近く苦しめられていました。腰痛が徐々に悪化し35歳くらいからはギックリ腰の頻発で立って歩けないこともしばしばで、這って歩かないといけないくらいまでなって子供にSOS電話したことも・・・^^;

当然、整体・マッサージ・病院などすべて通いつめてあらゆることを試しましたが、一時期痛みが解消されることはあっても、数日も経つと元の木阿弥、もう泣くしかないという状況で精神的にもホントどん底の時代でした。子供達や会社の同僚、支援してくれるお客様達にはそんな情けない姿を見せることはできませんから、表面上は何もない元気いっぱいな自分を演じてましたが、もう限界でした。そんな苦しみのピーク、37歳の時にヨガに出会いました。

それから15年、数万人単位に及ぶ膨大な人数のヨガ指導、世界中でヨガクラス・ヨガトレーニングを受けてきた中でのあらゆる人種やその骨格などへの理解、医学的知見を基にした多様な解剖学の学びなど、もう散々やってきました。当然、僕自身も現在は完治して、怖くてできなかったブリッジポーズも20代の頃と変わらないくらいしなやかにできるようになりました。今はそんな昔の僕と同じ悩みを持つ方のヨガや各種トレーニングを通じた根本的解決のお手伝いもしており、99%近くの方は完全解消することができています。

そしてたどり着いた結論が、肩こり・腰痛を治すのに整体・マッサージでは一時しのぎにしかならないという事実。これにしか頼らないならばずっと堂々巡りをするしかありません。このことは解剖学的知見をお持ちの方、筋肉の本質的な動きや性質を解析できる方、お医者様・その他医療関係者・3年以上の指導経験や学びを積んだスポーツトレーナーなど身体の動きや治療にキチンと携わっている方であれば絶対に分かるはずです。

肩こり腰痛で散々悩んできた人たちが、何も難しいこと考えずにヨガ(常温ヨガ)を継続するだけで完治する姿も数多く見てきました。こういう人は皆さんの周囲でもヨガやってる人で相当数いらっしゃるのではと思います。

ヨガで治らないという場合は何かが間違ってます。これは私が掲載している「真の健康のあり方」をよく見ていただければ気づくこと多いと思います。

筋肉は、深い呼吸を伴いながら、自らしっかり動くことができると元気になります。30分程度のウォーキングでも多くの人は何か気持ち良さを感じます。それは自ら動くからです。

つまらぬ堂々巡りから脱して、本当に肩こり腰痛を解消したいという方は、この「自ら動く」ということの大切さを深く認識して行動すればいいです。

他人任せでは根本的な解決にはならない、自分の筋肉は自分で動かす。これが本当の健康になる第一歩です。