受験勉強と同じようにヨガピラティスに取り組んじゃいけない

短期で成果を得るというようなことは一切行わずに、地道に実践形式で身体を動かしながら解剖学を通じて自分の内部に深くフォーカスしています【キッドヨガスクール解剖学・京都三条スタジオ】

ダイエットやヨガピラティスが長続きせずに終わってしまう人の多くは、取り組み方が「短期で成果を出すこと」しか考えず、長期的視点に立つということができてない方が多い・・・13年間、4つのスタジオ運営やって数万人単位ではきかない膨大な人数の方の成長過程などを色々見てきたからこそ、つくづく実感するのです。

日本の受験勉強が特にそうですが、ただ合格するためだけに、あまり勉強が好きでなくてもとりあえずはイヤイヤでも試験が終了するまでは一生懸命頑張ってみる。けれど試験がピークだから、合格後は安心してしまい気を抜いてあまり勉強もしなくなり、またいつもの自分に戻って中身のない学生生活を過ごしていく・・・これってダイエットで短期的な成果を得たけどその後リバウンドしてしまうことと、ホントよく似てるよなあとつくづく思うわけです。

短期で成果を得るというようなことは一切行わずに、地道に実践形式で身体を動かしながら解剖学を通じて自分の内部に深くフォーカスしています【キッドヨガスクール解剖学・神戸三宮スタジオ】

キッドヨガスクールではヨガ世界資格RYT200講座を長年開催してきてますが、一貫して受講者皆さんには「長期的視点に立ってヨガに取り組む」という指導を徹底しています。成果を得たら「それをいかに80歳90歳まで永続維持できるか」を考え抜いて、真の健康を体得して人生を最高に味わい深いものにするように努力しましょうと。

本質的で本物というものは地味なものです。その地味なことにいかに打ち込んで長期的視野で人生を最高に深めることができるか・・・ここが人生を豊かにできるかどうかの重要ポイントであることは間違いありません。