本当のリラックス状態はどこから出てくる?

まだヨガを経験したことない方や間違った環境でのヨガを継続している方、また立位を行わず座ってばかりのヨガが多い方(動きが偏っているヨガ)などにとても多いのが、ヨガは力を抜いたリラックス状態でやるものだと思ってることです。

しかしながらこの状態でヨガを継続するならば、それはヨガではなく、質の悪いストレッチであり、ただのフィットネス(心身一如になれない運動・心は置き去りで身体だけに偏った運動・心と身体の総合バランスが高次元で取れない運動)に過ぎません。そして何よりも本当のリラックス状態を得ることはできません。

このことは、立位・座位・ねじり・前屈・後屈・逆転など、どれも偏ることなく、全身を満遍なく適切に使って行うという正しいヨガ(常温ヨガ)を長いことやってる多くの人たちは、難しい説明なくても身体で知っています。そしてそのイキイキとした健康美を伴った日常の姿を周囲の多くの人が目の当たりにしています。

本質的なリラックスというものは、力を抜いたままや緩んだりすることが多い動きからは発生しないものなのです。これは筋肉の本質です。筋肉は緩んだ動きばかりだと本来の働きや力を発揮できず楽しくないのですね。

正しい動きを伴ったヨガ(常温ヨガ)の継続を通じて得た、本質的なリラックス状態というものは、身体の根底に確かなパワーが存在するため、自分に自信を持ち堂々として、精神がとても安定し、イライラすることなくゆったりしています。また、気が緩むこともなく、心身がイキイキとした状態がとても長続きします。数日で簡単に途切れるようなものであれば何かが間違ってるか不足しています。こんな時は私が掲載している「真の健康のあり方」をよく見ていただければ気づくこと多いと思います。

ヨガを行なって1日2日少しだけ緊張やイライラ状態から解放されてもすぐ元に戻ってしまうという方で、本当のリラックス状態を得たいという方は、一度立ち止まって自分の動きや動く環境などを見直してみましょう!