NoBU STYLE(ノブスタイル) | 本質的な健康メソッドを提供するヨガ健康カンパニー

本物だけを提供するヨガピラティス健康カンパニー

枝葉の小さなパワーしか知らずに、人生を終えたくない

天狗岳・八ヶ岳連峰 標高2646m 体感マイナス20度
2019年1月27日 天狗岳・八ヶ岳連峰 標高2646m 暴風20m 体感マイナス20度

僕は何の誇れる学歴も持たない。世間でみんなが行ってる勉強というものはほとんどせず、成績表も最低ランクばかりで両親に心配や迷惑をかけっぱなしの人生を過ごしてきました。

そんな僕だがやってきた学問で一つだけ「これだけはやってきました」と断言できるものがある。それは世の90%の人がやってない学問、一切に通ずる「活学」を徹底的にやってきたというもの。これは安岡正篤先生のおかげです。

活学とは、本当の活きた学問のこと。一切の事象に通ずるものであり、究極の理に通ずる学問。分野分野、部分部分にしか通じない学問は活学とは呼びません。

にゅう・八ヶ岳連峰 標高2352mから富士山を一望
2019年1月28日 にゅう・八ヶ岳連峰 標高2352mから富士山を一望

現代の学問は細分化が年々激化しており、分野分野、部分部分に対しての専門家と呼ばれる人たちが年々あらゆる分野に続出していますね。そういう方たちに接してるとよく感じるのが、専門分野に関してはすごい知識経験などをお持ちなのですが、専門外になった途端に知らないことが激増する・・・専門分野も専門外分野もひっくるめた地球宇宙自然界の生命活動全体を大きな視点で捉えて、深く洞察認識理解体得することができてない・・・こんな姿を長年見てきました。

どう表現すればいいか分かりませんが、例えば身体で表現すれば、脳の専門家であれば、脳機能のことだけは凄まじく深く知り尽くしてるが、その他臓器のことはあまり深く知らず、脳とその他臓器も含めた全身すべてが大きく調和して繋がって活動している真の生命活動の姿を、浅くは知ってるが、深くは洞察認識理解体得できていない・・・とでもいうのでしょうか。

誰がどんな学問をしてても素晴らしいことに違いはありません。ただ僕は小さな分野だけの専門家になって満足することはできないのです。

身体全体の大きな調和がとれた時の圧倒的なパワーの輝きの素晴らしさを知らず、大木であればその枝葉(枝葉末節)の小さなパワーしか知らずに、人生を終えるようなことは絶対にしたくない・・・せっかくの人生だから、地球宇宙自然界の大きな生命活動の圧倒的なパワーを深く感じ、深く味わい、深く洞察認識理解体得して、大いなる喜びとともに人生を最高に楽しみたい・・・これだけをずっと思って行動してきました。

ヨガ・東洋哲学・登山という究極の活学をやってこれて、最高に幸せな毎日を過ごせていることに、深謝、合掌🙏