NoBU STYLE(ノブスタイル) | 本質的な健康メソッドを提供するヨガ健康カンパニー

本物だけを提供するヨガピラティス健康カンパニー

「姿勢を正さずしてヨガ教えるなかれ」

「姿勢を正さずしてヨガ教えるなかれ」という言葉はいつも自分自身に毎日言い聞かせている言葉です。特に僕の場合、昔はこの基本中の基本がキチンとできてなかったにも関わらずヨガ指導してた時期があっただけに、深い反省の意味も込めてのことです。

もし教える側の講師が姿勢を崩したままだとその人は基本ができておらず自分やヨガのことを深く分かってないため、人を指導してバランスが取れるように導くことはできません。

上記写真はキッドヨガスクール受講生の姿勢解析写真の一部ですが、今回は大人数の中でノーマル姿勢(一番理想的とされるバランスがよく取れてる姿勢)に該当する人が一人もいませんでした。全員が「反り腰」「猫背」「スウェイバック」「フラットバック」など何らかバランスが崩れた姿勢となっており「全員が身体のバランスを崩したままで日常生活を過ごしヨガや運動を行なっている」ということでした。

中には現役パーソナルトレーナや現役ヨガ講師などもいたり、ヨガや運動を長年行って自分の姿勢に少なからず自信を持っている方もいましたが、実際のデータを見て各自それぞれに驚きや発見があったようです。

「バランスを崩した姿勢」は根本的な土台が崩れてることに直結してますから、その状態のままではいくらヨガやトレーニングを行ったところで大した上積みにはなりません。土台が崩れたままですから至極当然のことなのですが・・・こういう場合かえって体調崩したり身体がますます硬くなったり、怪我したり不要な体力を消耗したりすることも多々あります。

姿勢が崩れてるのなら「まずは何よりもバランスを取り戻して姿勢を正すことが最重要」なのであり、それは頭だけでなく身体の奥で体得しないといけないのですね。

「いかにバランスを正した上で真の健康メソッドを楽しみ体得いただけるか」、バカの一つ覚えですがこのことだけをひたすら考えてヨガリフォーマーを教える毎日です。