僕のヨガは、登山によってドラスッティックに深化した

僕はヨガ歴15年。ヨガに出会い大感動し、5年後にコベヨガ設立。そして今年(2018年)でスタジオ設立10周年。

始めの9年間近くはヨガが分かってるようで分かってませんでした。世界中回ってヨガに関する勉強を実践・講義ともに徹底的に受けてきて、一つ大きな壁をクリアしたと思ってもすぐにまた眼前に高い壁が現われてくるという繰り返しでした。

周囲の人たちからは、どうして世界中巡ってそこまでヨガをやるのですか?、とよく聞かれました。

その問いに対する答えは一つ、「究極最高の身心状態を維持し続けるようになって真理(宇宙の法則)を体得理解したい」

8〜9年目ごろ、ようやく何かいいところまでは到達できたことを感じ始めてましたが、やはりそれ以上にはなかなか突破できませんでした。

それがいきなり完全突破できたのは、6年前に六甲登山を初めて行った時です。求め続けてきたからでしょうか、いきなり電撃をくらったというくらいに感動しました。

そして深く反省しました。マチナカだけでヨガをやってて分かったつもりになってるようではまだまだ未熟だった、ということをこの時痛感したのです。

自然界と深くつながってこそ、ヨガが最高に輝いて、ここからこそ求めてきたことすべてが一気に体得理解できるんだ!、ということにいきなり気づかされたわけです。

それから6年、今年は週の半分を登山に当てて1年間を過ごしてきました。普通の人たちが数年間かけて行くような登山もこの夏だけで日本全国駆け巡って楽しみながら完了してきました。

登山だけでは偏った運動のため身心バランスが崩れるので、ヨガを絶対的なベースとしています。ヨガがベースにあってこそ最高に登山を楽しめるのです。

ほぼ山中暮らしですが、これはもう究極に最高、超楽しい❗️です。

仕事しないといけないのですが今週末も登山です。スタッフや家族に叱られてばかりですがこればかりはやめることができません😆